沖縄料理の定番・ソーキそば

沖縄料理がブームになってから久しいですが、沖縄の郷土料理の代表と言えば、まず思い浮かぶのが「ソーキそば」ではないでしょうか?豚骨ベースの醤油味のスープに小ぶりの平麺が入った沖縄そば。
そばの上に、大ぶりの豚のあばら肉が盛り付けているのが特徴です。
豚骨ベースの醤油味のスープも独特の味付けがなされていて、本土の一般的な豚骨ラーメンと比べると、あっさり風味の薄味仕様となっています。

沖縄そばの歴史は意外と浅く、そのルーツは明治後期以降と考えられていて、一般大衆に広まったのは、大正時代に入ってからです。
現在の様に沖縄を代表する県民食になったのは、太平洋戦争終結後でした。
当時の沖縄は米軍占領下だった為に、大量の小麦粉が出回り、沖縄戦で壊滅状態だった老舗料理屋が次々と復活したことが大きな理由です。
本土のラーメン文化の影響を受ける事無く独自に発展して行き、各店で競い合ってお店独自の味を追求する様になりました。
こうして沖縄の郷土料理の顔となってからは、本土でも沖縄から移住した人々が店を開き、「ソーキそば」を定番メニューとして取り入れていきました。

沖縄そばの麺の作り方は普通の中華麺と変わらず、その多くは小麦粉にかんすいと塩水を加えた物を練って作られています。
沖縄本島内でも地域によって作り方の違う沖縄そばですが、一般に知られているのは、名護市を中心として広まっている平麺を使われているものです。
この平麺のそばに大ぶりの豚のあばら肉の「ソーキ」を盛り付けますが、このソーキ自体は他の沖縄料理にも多用されています。

豚のあばら肉を水からじっくりと長時間煮込み、煮汁を捨てた後に醤油・泡盛・黒糖等で味付けをした煮汁で長時間煮込み、味を染み込ませていきます。
手間がかかっている分、濃厚な旨味が味わえます。
ソーキそば以外にも沖縄を代表する料理は数多くあります。
このサイトでは、沖縄の代表的な料理を紹介していきます。


■管理人特選サイト
沖縄料理を堪能できる沖縄旅行ツアーを紹介しているサイトです > 沖縄旅行ツアー

Copyright © 2014 沖縄の郷土料理 All Rights Reserved.